通りすがりの腐男子 日高ショーコ
FC2ブログ
彷徨う異邦人
通りすがりの腐男子
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嵐のあと(日高ショーコ)
2008-07-16-Wed  CATEGORY: 芳文社
嵐のあと (花音コミックス)嵐のあと (花音コミックス)
(2008/03/29)
日高 ショーコ

商品詳細を見る


自分がメガネをかけてるせいなのかこれまで意識的にメガネキャラがメインの話を
読むのを避けていました。
「メガネを外すと~(逆もあり)」の謳い文句が自分には日本とブラジル並みに
あてはまらないのでむしろメガネブームなんて「知るか!」と逆ギレしたくもなっておりました。

というのはさておき、一見某庭球漫画の人を想像させるような風貌なのできっと
果てしなくクールでオレ様ー、なキャラなんだろうな、と思ってたら意外と繊細だったり、
天然だったりして割と好感度アップ(笑)、
しかもこれでいて結構「ヘタレ」だったりして。

相手の何気ない行動にいちいち敏感に反応してしまったり、自分のしてしまったことに
いつまでもぐるぐる思い悩んでしまったりしてる時、それが好意がある相手の場合だと
本当は自らの思いを知ってもらわなくてはその思いは叶うも叶わないもわからないはずなのに
余計なプライドとかが邪魔してしまったりして気の利いたセリフ一言もいえないのです。

しかもそういう時に限って自分が思いもよらないような失態とかしでかしたりして
逆に怒らせちゃったりした日にはああもうこれでダメだあ、と思ってしまうんです。

で、そういうダメキャラっぷりもひとつの個性として受け止めることが出来れば、
あるいは受け止めることが出来たら、きっとその思いは決して自分が思い描くものとは
多少結果が違っても何かしらでも相手の心に届いた部分もあったのかもしれないのでしょうが、
自分にいたってはとうとう言わず終いで勝手に自分で幕を下ろしここまできてしまいました。

だって、それだってジブンなりに当時は相手のことを思ってクチにするべきでない、と思った
結論だったからです。

だからその人が結婚してしまった今、もうある意味、ひとつの「思い出」には
なってしまったけどそれでもまだ時々胸が痛むのです。

読めば読むほど自分の当時の勇気のなさが悔やまれる……。

あれ?今日はジブン話の回ですか??
と、まさしく今回は自らの視点に向き合って書かざるを得なくなってしまったのでした。
これじゃ、コメントになってないよね……(x_x)



※「美山くん」がぐっちー(お◆ふりの栄口くん)顔して結構イイ性格してるんだなあ。
なんというかまさに「小悪魔」な感じとでもいうのかはたまた「トラブルメーカー」とでも
いうのか、まあ、それは読んでのお楽しみ、ということで。
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
知らない顔(日高ショーコ)
2008-06-23-Mon  CATEGORY: リブレ出版
知らない顔 (ビーボーイコミックス)知らない顔 (ビーボーイコミックス)
(2008/06/10)
日高 ショーコ

商品詳細を見る


ネット以外でこの作品のPOPを見かけたときから「これは買いたい」と思わせた作品。
ネット買いをメインにしてるものにとって表紙絵しか知る手段がないので後はもう見たときの
イメージとかからしか買うか買うまいかの判断をするしかないのでこれもちょっとした「賭け」なの
かもしれませんが、でも今回は自分の欲求(笑)に従ってよかったかな、と思ってます。

絵についてはこちらで→◆ttp://www.b-boy.jp/comicnovel/itemSearchDetail.php?id=000-0404

元々別々のテーマ(「ツンデレ」とか「びしょぬれ」とか)をメインにしたアンソロジーによるものを
まとめた、とのことですがその中で「知らない顔」と「見えない顔」と「消えない顔」については
別々の時間軸で同じキャラクターが登場する作品となっています。
先の2つで学生時代(高校生時代がメインで回想で小学生とか中学生時代のシーンも)を、
残りひとつで社会人時代を、といった流れです。

コミック後ろのプレビューより、
「いつも春山(攻)の後ろをついてきていた田辺(受)は、今では卓球部のエースとして
学校中の期待を背負っている。春山の知らないすました顔で___。」

今回攻も受もどっちも表面上はツンツン系(笑)です。
むしろデレ、の部分はどこなんだろう、と思ってしまうほどです。
ちなみにこれを書くにあたってまた一通り読み返してみたのですが読むたびに印象が
変わるのです。
というのはさっきのデレの部分はどこなんだろう、という思いもそうですし、
そもそも他の作品とちょっと違うぞ、と思わせたのは「好き」というフレーズが全く登場していない。

けど、「好き」の言葉がなくっても両者が両者なりの違った角度から互いを想い続けていたんだな、
と思わせる表現、というかそういう心理描写には思わず「すげえ」と思ってしまいましたです。

絵の巧みさと表現の巧みさを両方一遍に備えた作品って
そうそう見かけることもないはずなのですがたまたまとはいえそういう作品に
会うことが出来てよかったなあ、と。

今回同じタイミングで別出版社から発売されたものも一緒に購入してたのですけど
そちらもそちらでなかなかよかったです。

とにもかくにも残念なのはア◆ゾン様がこの出版社のイメージ画像をアップするタイミングが
なんかやたらと遅いこと!!!→7月1日に確認したところアップされてました(^。^)

もうまったくもって残念だよ
トラックバック0 コメント0
<< 2018/10 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2018 通りすがりの腐男子. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。