通りすがりの腐男子 徳間書店
彷徨う異邦人
通りすがりの腐男子
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸運の理髪師(長門サイチ)
2009-04-07-Tue  CATEGORY: 徳間書店
続きを読む
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
3軒隣の遠い人(鈴木ツタ)
2008-10-24-Fri  CATEGORY: 徳間書店
3軒隣の遠い人 (キャラコミックス) (キャラコミックス)3軒隣の遠い人 (キャラコミックス) (キャラコミックス)
(2007/09/25)
鈴木 ツタ

商品詳細を見る


 こう言ってはなんですが、途中まで読みきれる気がしませんでした。
 と、いうのも主人公の性格があまりよろしくないんですね(笑)
 ひねくれてる、というかすれてる、っていうか、その…、でそう思うに至った最たる理由はというと始めから数えて44ページにおけるこのセリフ、

「「しなちゃよかった」って顔にかいてら 世渡り下手そう」

45ページ
「トロそー」

46ページ
「チョロそうだな 雑用でコキ使ったろ」

 年上相手にムシも殺さぬような営業スマイルを向けながら内心では「オトナ」な黒さを発揮してるキャラ設定に実はあの人もこんなこと考えてたりして、なんてとても他人事には思えなかったからです。
 これはもう我が身にも大いに心当たりがありそうなシーンですので。
 自分で言ってしまえばワケないですが、はっきりいって自分もこの作品に出てくる主人公に小馬鹿(泣)にされる側に近いですから・・・orz

 とまあ我が身の醜態(笑)はさておき、主人公のなんとも歪んだ性格形成に至る理由は既に序盤に描かれておりますのでご安心を。(って安心っていうフレーズが果たして適当かどうかははなはだ疑問だけど)
 
 でもそれでいて読み進んで行くに従って主人公が未だ10年前の自らの失態を引きずってそれなりに心を痛めてる描写にはこれも別の意味で思い当たるフシがあって妙な親近感を感じたり、(う、この時点で作者の思うツボではないのか、と思った時点で自分はもう負け犬ですな←自虐的……)自らの思いをいざ口にしようとする時にどうしようもなくカッコわるいくらい姿を初恋相手にさらしてしまってたり。
 口では強気なことを言っててもその内心は結構ビクビクしてる、という「ヘタレ」キャラには欠かせない要素を備えたこの主人公に乾杯(え)
 あとは年下で攻キャラであること、はいこれ、テストに出るよー(んなワケない)

 しかし、この主人公が途中ヘアスタイルを変えた時のあの描写は反則だ、ってか好きだ(笑)
 
 ところで、恋って、どういうものですか?

 「初恋は実らぬもの」

 ……、あ、それは言えてる(苦笑)

 なんか今回はいつにもましてグダグダです。 
トラックバック0 コメント0
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 通りすがりの腐男子. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。