通りすがりの腐男子 大洋図書
彷徨う異邦人
通りすがりの腐男子
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こめかみひょうひょう(雁須磨子)
2010-09-12-Sun  CATEGORY: 大洋図書
続きを読む
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
チュチュンがチュン(山本小鉄子)
2009-08-22-Sat  CATEGORY: 大洋図書
続きを読む
トラックバック0 コメント0
どうしても触れたくない(ヨネダコウ)
2008-10-30-Thu  CATEGORY: 大洋図書
どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26) (ミリオンコミックス  CRAFT SERIES 26)どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26) (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)
(2008/09/01)
ヨネダ コウ

商品詳細を見る


誰しも誰にも触れては欲しくない過去のひとつやふたつはあるだろうけど、その中身は人様々。
ひとりはその傷ついた過去の経験から前へと進めないでいる。
もしてもうひとりは壮絶な過去の事実をある意味、心に抱えつつも前へと進んでいる。
環境や、あるいは周囲との関わりが、人の生き方に多少なりとも影響を及ぼすのは生きてる限りは
ずっとついてくると思う。
人はひとりでは生きられない。
誰かと関わっていたい、その気持ちは誰かを好きになることにもつながってくと思う。
けれどその思いはいつでも思った通りにはならない。

好きなのに、一緒にいたくない。
好きなのに、好きと言えない。
好きなのに、自分が嫌い。

好きなのに

「好き」って気持ちさえあれば何も恐れずにただ一直線に突き進めた頃とは違って
「好き」という思いに気づいてしまったことで、色々と考えてしまったり、
泣きたくなってしまったり、自暴自棄になってしまったり、むしろ恐怖すら感じてしまったり。
主人公は自らが「ゲイ」であることに対して一方でその事実を受け止めながらも
一方でその事実から逃げようとしている。
誰かを思いやるつもりがその誰かの存在を理由にして自分自身の殻に閉じこもろうとしてしまう。

でもさっきも言ったようにひとって不思議なモノで、自分のことは自分がいちばんわかってる
つもりでいても実は結構わかってなかったりする。
そういう時、誰かの一言によってふっと心が軽くなる。
乾いた大地に降り注ぐスコールがどうしてあんなに気持ちいいのかは、
何よりも物質的なものを越えた「恵み」をもたらすからだと思う。

そういった経験も過去と同じで誰しもひとつやふたつはあったはずで、
でもその時の思いを忘れてるか忘れないでいるかの違いだけだと思う。

だから、というわけではないけれど、もっと「すき」という思いに対して、
もっとシンプルに自らに素直になってみてもいいのかもしれない、と
思わせてくれるような、あたかも小説の世界のようなファンタジーを
自分はふと感じてしまったのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以降ネタばれ

自分は小野田さんのキャラがすきです。
というかむしろあれくらいにひとにやさしくありたい……。


トラックバック1 コメント1
コイノイロ(上田規代)
2008-04-09-Wed  CATEGORY: 大洋図書
コイノイロ HertZシリーズ19コイノイロ HertZシリーズ19
(2006/11/01)
上田 規代

商品詳細を見る

ちょっと過去に遡りすぎてたので(笑)ここらでちょっと最近に戻します(といっても一昨年だけど)

このコミックを買った頃に偶然にもドラマCDが発売されてたので実はそっちも買っちゃってます
ちなみに自分がこっち系統(笑)のCDを買うのはこれが3作品目です。
(先の2作についてはまた機会があったときにでも)

「コイノイロ」では受側視点から、コミックス描きおろしの「卒業旅行」では攻側視点からの
展開となってます(CDではどっちも聴けます)

自分はオトメではないので(苦笑)ぶっちゃけオトメの心理とはなんぞ?
と問われたところで全くといってわかっちゃいないのが正直なところなのですけど、
概ねこと恋愛に対して男の方が女々しいからこそ女性の視点からこうした話が
思い浮かんできてしまうものなのか、はたまた男なんつーものは実は誰しもオトメなものなのか。

好き同士なのにお互いに素直になれないとか、
好きな気持ちをストレートに言葉に出せないとか、
たぶんこのあたりのところはどうせ男なんざまわりくどいもんなんだよ、
と思われてるフシがプンプン(笑)

それにしてもCDつーのはなんかこう色んな意味で「濃いー」ですな

「オレ 今日 お前とヤル気でいるよ」(By CV伊藤◇太郎)

うっわーーーーーーーーーーーー>*0*<キャアアッ

年甲斐もなく背中のあたりがかゆくなりました

あともうひとつ、
いわばBLコミックならではの擬音である

「ちゅ」
(カタカナでなくひらがなであるところがきっとミソなのかも)

もちゃんと音に出してる芸の細かさ

音響さんも大変だなあ・・・
トラックバック0 コメント0
聞こえない声(京山あつき)
2008-04-06-Sun  CATEGORY: 大洋図書
聞こえない声 HertZシリーズ聞こえない声 HertZシリーズ
(2006/11/01)
京山 あつき

商品詳細を見る


見た目通りにイヤらしい先輩(笑)と見た目はちょっとぶちゃいくだけど何事にもガンバル系な後輩。

たぶんこれがいわゆる普通(?)の少女マンがだったらきっとCPにはなり得ない組み合わせでもBLではそれが当てはまらないのがちょっと不思議で奥深いところでもあるのかも。

丁度コミックを買った頃、時を同じくして「おお◇り」の島迅にはまってることもこのコミックに手が伸びた理由かもしれません。

緊張すると人を睨みつけるような顔になる上にいかにも不器用そうなビジュアル、なのにかわいく思えてしまう妙、人はそれを「あばたもえくぼ」ともあるいは「恋は盲目」とでも言うのかもしれないけど、必ずしも見た目男前のビジュアルを持っていても内面までもガッチリと男前なのかどうかは実際接してみなくちゃわかんないよ、ってことを教えられたような教えられてないような。

「すき」の気持ちが先走りしすぎて思わずちょっとヘンタイちっくになってしまう余裕のない攻というのもある意味ツボかと←!?
トラックバック0 コメント0
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 通りすがりの腐男子. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。