通りすがりの腐男子 竹書房
彷徨う異邦人
通りすがりの腐男子
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人はなぜ働かなければならないのか(山田ユギ)
2009-11-25-Wed  CATEGORY: 竹書房
続きを読む
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント1
僕の知るあなたの話(鈴木ツタ)前編その2
2009-06-17-Wed  CATEGORY: 竹書房
続きを読む
トラックバック0 コメント0
僕の知るあなたの話(鈴木ツタ)前編その1
2009-05-27-Wed  CATEGORY: 竹書房
僕の知るあなたの話 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)僕の知るあなたの話 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
(2009/01/07)
鈴木 ツタ

商品詳細を見る


ご無沙汰しております(もうこれ毎回のことですが)
今回は前後編に分けてお届けします。
前編は表題作以外での話がメインです。
続きを読む
トラックバック0 コメント0
秘書とボディガード(深井結己)
2009-04-01-Wed  CATEGORY: 竹書房
続きを読む
トラックバック0 コメント0
ありえない二人(山田ユギ)
2008-05-05-Mon  CATEGORY: 竹書房
ありえない二人 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)ありえない二人 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
(2007/11/07)
山田 ユギ

商品詳細を見る


今回からそのまま下に書き続けていくことにしました……。
ある意味一度は通り過ぎておくべき(?)と思った山田先生の作品、実はこれが
自分にとっては初めての山田先生本入手です。ドキドキ←キモい(x_x)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

頑固な職人と軽薄なWebデザイナーという、一見何の接点もなさそうなふたりを
結びつける運命の糸は?というのがいわばテーマであり、この作品の根っこの部分なので
ここでは詳しく言えないのがアレですが、何といっても自分にとってのツボはあれですな、
「武骨」とか「ゴツイ手」とか「職人」とか、たぶんBL、というカテゴリーだと本来は
東京とブラジルくらいに遠く離れた世界観と思しきフレーズも先生の手にかかってしまうと
たちまちそれがとってもこっぱずかしいオトナの恋に必要なエッセンスになってしまうから
不思議ですね。

職人さん、ってことでエプロン着てるシーンが結構多いのですがやっぱエプロンは
肩幅広いヒトにもキャラ的に映えますよね。
なんかこう見てるだけでもそれで頼りがいがあるって感じがするじゃないですか。
(早い話そういう傾向のキャラに弱いって事)
自分の場合肩幅ないですからまあよくズレまくる、いわばひとり「よろめきの午後」ですよ。
同じ男としてどうしてこうも違うだよー、しくしく。

なので正直自分は今回Webデザイナーの方にはほとんど目がいかなかったですが
それが何か問題でも?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他に収録されてる話の中ではスポーツジムのインストラクターとバーテンさんのストーリーが
よかったです。
こう言ってはなんですがインストラクターのムダにパワフルなところと一歩間違えば
毛むくじゃらの野獣(笑)ともいえるそのビジュアルからは想像もつかないへたれたところが特に。

あ、そういえばこういうキャラも他ではあまりみかけないかも。
トラックバック0 コメント0
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2017 通りすがりの腐男子. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。