通りすがりの腐男子 2008年10月
彷徨う異邦人
通りすがりの腐男子
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうしても触れたくない(ヨネダコウ)
2008-10-30-Thu  CATEGORY: 大洋図書
どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26) (ミリオンコミックス  CRAFT SERIES 26)どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26) (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)
(2008/09/01)
ヨネダ コウ

商品詳細を見る


誰しも誰にも触れては欲しくない過去のひとつやふたつはあるだろうけど、その中身は人様々。
ひとりはその傷ついた過去の経験から前へと進めないでいる。
もしてもうひとりは壮絶な過去の事実をある意味、心に抱えつつも前へと進んでいる。
環境や、あるいは周囲との関わりが、人の生き方に多少なりとも影響を及ぼすのは生きてる限りは
ずっとついてくると思う。
人はひとりでは生きられない。
誰かと関わっていたい、その気持ちは誰かを好きになることにもつながってくと思う。
けれどその思いはいつでも思った通りにはならない。

好きなのに、一緒にいたくない。
好きなのに、好きと言えない。
好きなのに、自分が嫌い。

好きなのに

「好き」って気持ちさえあれば何も恐れずにただ一直線に突き進めた頃とは違って
「好き」という思いに気づいてしまったことで、色々と考えてしまったり、
泣きたくなってしまったり、自暴自棄になってしまったり、むしろ恐怖すら感じてしまったり。
主人公は自らが「ゲイ」であることに対して一方でその事実を受け止めながらも
一方でその事実から逃げようとしている。
誰かを思いやるつもりがその誰かの存在を理由にして自分自身の殻に閉じこもろうとしてしまう。

でもさっきも言ったようにひとって不思議なモノで、自分のことは自分がいちばんわかってる
つもりでいても実は結構わかってなかったりする。
そういう時、誰かの一言によってふっと心が軽くなる。
乾いた大地に降り注ぐスコールがどうしてあんなに気持ちいいのかは、
何よりも物質的なものを越えた「恵み」をもたらすからだと思う。

そういった経験も過去と同じで誰しもひとつやふたつはあったはずで、
でもその時の思いを忘れてるか忘れないでいるかの違いだけだと思う。

だから、というわけではないけれど、もっと「すき」という思いに対して、
もっとシンプルに自らに素直になってみてもいいのかもしれない、と
思わせてくれるような、あたかも小説の世界のようなファンタジーを
自分はふと感じてしまったのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以降ネタばれ

自分は小野田さんのキャラがすきです。
というかむしろあれくらいにひとにやさしくありたい……。


スポンサーサイト
トラックバック1 コメント1
3軒隣の遠い人(鈴木ツタ)
2008-10-24-Fri  CATEGORY: 徳間書店
3軒隣の遠い人 (キャラコミックス) (キャラコミックス)3軒隣の遠い人 (キャラコミックス) (キャラコミックス)
(2007/09/25)
鈴木 ツタ

商品詳細を見る


 こう言ってはなんですが、途中まで読みきれる気がしませんでした。
 と、いうのも主人公の性格があまりよろしくないんですね(笑)
 ひねくれてる、というかすれてる、っていうか、その…、でそう思うに至った最たる理由はというと始めから数えて44ページにおけるこのセリフ、

「「しなちゃよかった」って顔にかいてら 世渡り下手そう」

45ページ
「トロそー」

46ページ
「チョロそうだな 雑用でコキ使ったろ」

 年上相手にムシも殺さぬような営業スマイルを向けながら内心では「オトナ」な黒さを発揮してるキャラ設定に実はあの人もこんなこと考えてたりして、なんてとても他人事には思えなかったからです。
 これはもう我が身にも大いに心当たりがありそうなシーンですので。
 自分で言ってしまえばワケないですが、はっきりいって自分もこの作品に出てくる主人公に小馬鹿(泣)にされる側に近いですから・・・orz

 とまあ我が身の醜態(笑)はさておき、主人公のなんとも歪んだ性格形成に至る理由は既に序盤に描かれておりますのでご安心を。(って安心っていうフレーズが果たして適当かどうかははなはだ疑問だけど)
 
 でもそれでいて読み進んで行くに従って主人公が未だ10年前の自らの失態を引きずってそれなりに心を痛めてる描写にはこれも別の意味で思い当たるフシがあって妙な親近感を感じたり、(う、この時点で作者の思うツボではないのか、と思った時点で自分はもう負け犬ですな←自虐的……)自らの思いをいざ口にしようとする時にどうしようもなくカッコわるいくらい姿を初恋相手にさらしてしまってたり。
 口では強気なことを言っててもその内心は結構ビクビクしてる、という「ヘタレ」キャラには欠かせない要素を備えたこの主人公に乾杯(え)
 あとは年下で攻キャラであること、はいこれ、テストに出るよー(んなワケない)

 しかし、この主人公が途中ヘアスタイルを変えた時のあの描写は反則だ、ってか好きだ(笑)
 
 ところで、恋って、どういうものですか?

 「初恋は実らぬもの」

 ……、あ、それは言えてる(苦笑)

 なんか今回はいつにもましてグダグダです。 
トラックバック0 コメント0
ラブロマンス・スウィートキス(夏水りつ)
2008-10-11-Sat  CATEGORY: 芳文社
ラブロマンス・スウィートキス (花音コミックス)ラブロマンス・スウィートキス (花音コミックス)
(2006/01/30)
夏水 りつ

商品詳細を見る


年月が経つにつれて絵が段々変化していくのはある意味不可避なことかもしれません。
それが自分でも気づかぬうちに徐々に慣らされていければショックも少ないのでしょうが、
時には急に目とかの描き方が変わってしまったりして徐々にどころでなく一気に
「ええ~!?」と思うことも。
なので作者さんによっては今の絵よりも昔の絵の方がよかったのになあ、なんて
思うことも時にはあります。

で、そうした気にちょっとなりかけた(笑)気がしたのが「天気雨、午後一時」という作品です。
※一応フォロー(?)しておきますがこの方の場合は今のタッチもすきですので『なりかけ』なのです。

つい先日、ある方より自分の好みのCPのタイプ(リアルじゃありません→笑)について
ご質問をもらい、改めて考えてみた中で「年下攻」と「わんこ」が思い浮かびました。
ちなみにこの「天気雨~」はめでたくふたつの条件(?)を満たしております。

あと、個人的には最近芝生頭とひよこ頭(笑)にもフラグがたつことが判明したのですが
この作品においてはひよこ頭があてはまっておりまする~。
と、書いてしまった時点でもう自分にとっては十分おなかいっぱい(笑)なのですが、
このままだとちっとも中身に触れてませんがな、と一応つっこんでおきつつ、
とりあえず(おい)簡単にご紹介をば。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ある日の昼休みの屋上庭園、吉澤は別の課に所属してる森に声をかけられる。
この森、というキャラがいわゆる「攻」で「わんこ」で「ひよこ頭」なんですが、
最初は吉澤にとっては連日のように吉澤の前に姿を見せる森のことを
ちょっとばかり不審がっていたようです。

「…なんだこのヒヨコ頭」
「まるっきり体のでかいガキじゃないか」
「毎日よく来るな」 
「おれはこんなのに好かれるタイプじゃないなのに…」

この時点ではまだ何も始まってないようでする。

別のある日、吉澤は森からふと、お菓子(この時はチョコレート)を手渡されます。
森曰く、自分はこうしてよく菓子をもらうけど、実は甘いモノが苦手らしいので
吉澤にそれをもらって欲しい、というのがその理由、ということで。
そもそも甘いモノが苦手ならもらわなければいいのに、と吉澤は思うのですが、
どうやら断りきれない様子が目に浮かびそうなわんこ(笑)な森に吉澤は仕方なく
その菓子を受け取ります。
で、そこでお菓子を受け取るとき、何の気なく吉澤の手に触れてきた森の両手の感触に
吉澤は思わず赤面してしまいます。

「吉澤さん?」

お、何やらちょっと時が動き出した模様(笑)

そしてまた別の日。
こんどはイチゴ味のあめをもってきた森からまたいつものように手渡されるのだけれど、
やっぱりこの日も自らの手を覆うように触れてくる森の指の感触に顔を赤らめてしまう…。

どこまでピュアなんでしょう、吉澤さん。

(恐らく)同じ日の夜、吉澤の自宅にあるクローゼットの扉を開くと片隅にぽつんと
置かれた小さな箱。
そこには森からもらったお菓子が入ってるらしく、吉澤はその日も、昼間もらった
イチゴ味のあめをその箱に入れる。
そして、突然バタン、と勢いよくクローゼットを閉めるや否や、一瞬何かを思い詰めたような
表情を浮かべた後、クローゼットを閉めた時の自身の片手はおもむろにとある一点へと
向けられて……。

以上かいつまんだあらすじお-わり→すいません、ちっともかいつまんでないかもです(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この作品は、ほぼ9割強で吉澤からの視点を中心に描かれています。
よって森からの視点、というか森自身の吉澤に対する思いの部分が作品内で
あまり描き切れてないかも、というところでちょっと物足りなく感じられるかもしれません。
ただ、それをしてしまうときっとこのページ数では収録しきれないのかも(..;)という
ある意味オトナの事情(笑)をくみ取りつつ、後は自身の想像(という名の妄想←え)で
補おうと思います。
トラックバック0 コメント0
もしも願いが(TATSUKI)
2008-10-10-Fri  CATEGORY: 東京漫画社
もしも願いが (MARBLE COMICS)もしも願いが (MARBLE COMICS)
(2008/08/11)
TATSUKI

商品詳細を見る


家の風呂工事も終わり、ようやく9日ぶりに家風呂に入りました。
壁の色が変わり、でっかい鏡が取り付けられてたり、手すりみたいのがついてたり、
ひょっとしてこれ一見、どっかのビジネスホテル並みじゃね?とか軽く勘違い(笑)
しばらくは風呂に入るだけでも楽しめそうです。

さて、またも更新停滞してしまってあれれのれ~(..;)な状態になってしまってまして、
本当に自分はこのブログをちゃんとやっていく気があるのかと我ながらギモンに
思うところもありますが、基本マイペースが身上ゆえ、その点は前もってご了承下さい(x_x)

ところで今回この作品を取り上げようとするにあたって表題作でもある「もしも願いが」を
紹介すべきところをあえてスルーして他の読み切り作品である「月下に咲く」を
取り上げようと思います。
表題作のメインキャラである表紙右の芝生頭キャラ(笑)のおとぼけさもなかなか
侮りがたいのですが、それでもなぜ「月下に咲く」を取り上げたいのか、
それはワタクシ自身の実年齢に近いせいかもしれません・・・

主人公山川は先輩社員である月岡さんが社内で秘密の恋愛をしていることを唯一知っている。
ただそれは知ろうとして知ってしまったわけなのではなく、ある日月岡さんとの飲みの場で
本人から突然打ち明けられてしまった。
もちろん驚きはしたけど山川はなぜか気持ち悪いとは思えず、むしろその話が
月岡さんの場合には全然アリだと思えてしまっていた。

それを知ってから、山川は何かと月岡さんの様子が気になりだす。
月岡さんの相手は既婚者で子供もいる。
ある日もその相手が社内のフロアの中で月岡さんが近くにいることを知って知らずか、
まだ生まれたばかりという自分の子供をケータイ越しに女子社員などに見せびらかしてる。
決して広くはない社内で他の社員に隠れて上司とつきあうことに明らかに疲れている様子の
月岡さん。
そんな月岡さんのことを何とか元気づけたいけど当の月岡さんは口出ししないで欲しい、と
山川の気遣いを受け入れようとしない____。

タイトルに「咲く」というフレーズが用いられているように途中、伏線めいたシーンを
想像させるように花(植物)に関しての話題が取り上げられます。

「花を見てるとイヤなことを忘れちゃう」
「植物は正直でストレスを与えればすぐ病気になってしまう、けれど『痛い』とか『苦しい』とか
言うワケじゃないからこちらが耳を傾けてやらなければならない」
「夜にしか開花しなくてしかも一晩で終わり」

主人公の趣味が園芸というのが部長からは地味と言われても、時にはこうした恋の
手助けの一因になることもあるかも、という、書いた後で思ったのはこれもきっと
単なる年下リーマン攻(笑)ではなくって、ひとつのファンタジーなんだと思えてきました。

あれ?もしかして疲れてるのはジブンの方か(笑)
トラックバック0 コメント0
日常という非日常
2008-10-01-Wed  CATEGORY: 未分類
またしばらく停滞しそうです。
ところで管理人宅ではこの度風呂を補修工事することになりました。
それに伴い1週間ほど家の風呂が使えない事態に…(Q_Q)↓

とはいえまさかこの一週間風呂に入らず(笑)ということにはしないのですが、
問題はただ工事をする、というのではなく、家の土台自体を補強する、ということで
管理人の部屋が風呂の上にあるために今以上に部屋の片づけの必要性を迫られております。
(構造上、上の建物部分を軽くしないと何かの拍子に崩れることにもなりかねないので(*_*))

そうなると、今まで開かずの間(笑)でもはや苔同然になっていたあんなヤバイものとか
こんなヤバイものとかも売るなり捨てるなり、煮るなり焼くなり(笑)せねばならぬとな・・・・・・orz

ま、いずれはそうなる日が来るかもしれないと思ってた分、今までためるだけためられたことも
ある意味シアワセでした。
ただ、シアワセというものは永遠に続くモノじゃないんだよなあ、と、この日常で生きている限り、
避けては通れないような困難な道も時には越えねばならないんだよなあと思います。

なのでここしばらくは思い出に枕を濡らしつつ(笑)あんなBL本とかこんなBL本とかを
整理という名の処分(同じことか)に勤しむことになりそうです、か、かなしか・・・(;。;)

でも更新はいずれします。
だってしたい気だけはマンマンだから(笑)
トラックバック0 コメント1
<< 2008/10 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Copyright © 2017 通りすがりの腐男子. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。