通りすがりの腐男子 嵐のあと(日高ショーコ)
彷徨う異邦人
通りすがりの腐男子
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嵐のあと(日高ショーコ)
2008-07-16-Wed  CATEGORY: 芳文社
嵐のあと (花音コミックス)嵐のあと (花音コミックス)
(2008/03/29)
日高 ショーコ

商品詳細を見る


自分がメガネをかけてるせいなのかこれまで意識的にメガネキャラがメインの話を
読むのを避けていました。
「メガネを外すと~(逆もあり)」の謳い文句が自分には日本とブラジル並みに
あてはまらないのでむしろメガネブームなんて「知るか!」と逆ギレしたくもなっておりました。

というのはさておき、一見某庭球漫画の人を想像させるような風貌なのできっと
果てしなくクールでオレ様ー、なキャラなんだろうな、と思ってたら意外と繊細だったり、
天然だったりして割と好感度アップ(笑)、
しかもこれでいて結構「ヘタレ」だったりして。

相手の何気ない行動にいちいち敏感に反応してしまったり、自分のしてしまったことに
いつまでもぐるぐる思い悩んでしまったりしてる時、それが好意がある相手の場合だと
本当は自らの思いを知ってもらわなくてはその思いは叶うも叶わないもわからないはずなのに
余計なプライドとかが邪魔してしまったりして気の利いたセリフ一言もいえないのです。

しかもそういう時に限って自分が思いもよらないような失態とかしでかしたりして
逆に怒らせちゃったりした日にはああもうこれでダメだあ、と思ってしまうんです。

で、そういうダメキャラっぷりもひとつの個性として受け止めることが出来れば、
あるいは受け止めることが出来たら、きっとその思いは決して自分が思い描くものとは
多少結果が違っても何かしらでも相手の心に届いた部分もあったのかもしれないのでしょうが、
自分にいたってはとうとう言わず終いで勝手に自分で幕を下ろしここまできてしまいました。

だって、それだってジブンなりに当時は相手のことを思ってクチにするべきでない、と思った
結論だったからです。

だからその人が結婚してしまった今、もうある意味、ひとつの「思い出」には
なってしまったけどそれでもまだ時々胸が痛むのです。

読めば読むほど自分の当時の勇気のなさが悔やまれる……。

あれ?今日はジブン話の回ですか??
と、まさしく今回は自らの視点に向き合って書かざるを得なくなってしまったのでした。
これじゃ、コメントになってないよね……(x_x)



※「美山くん」がぐっちー(お◆ふりの栄口くん)顔して結構イイ性格してるんだなあ。
なんというかまさに「小悪魔」な感じとでもいうのかはたまた「トラブルメーカー」とでも
いうのか、まあ、それは読んでのお楽しみ、ということで。
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 通りすがりの腐男子. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。