通りすがりの腐男子 受攻ドリームマッチ4/超☆年下攻特集
彷徨う異邦人
通りすがりの腐男子
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
受攻ドリームマッチ4/超☆年下攻特集
2009-03-30-Mon  CATEGORY: オークラ出版
いわゆるアンソロジー系、とでもいいましょうが、自分にとっては恐らく5年ぶりくらいに
買ったと思います。(商業誌系では)
なんでそんなにブランクがあいてしまったかというと、同人誌系のそれとは違って
取り扱うキャラの設定が色々とばらけすぎてるからかもしれません。

一口に今回のような「年下攻」といってもどこまでーもオレ様な年下攻もいれば
どこまでーも弱気なオレ様な年下攻(その時点で「オレ様」キャラとは言えない気もするけど)も
いるのでしょうし。
それに中学生かもしれないし、高校生かもしれなし、大学生かもしれないし、
新入社員かもしれないし・・・←きりがない。

でもこれが同人誌の場合だと、例えば「おお◆り」なら高校生だけ、と範囲がある程度
固定されてますし、しかも前もって登場するキャラクターの設定(あるいは役割)も
わかってるのである意味「お約束」的な展開を楽しむことを前提にしてるところがある気がします。
自分はある意味そちらの方にしばらくベクトルが向いてしまってたのでいざ、今までとちょっと
違う世界に入るとなると「ん?これは何か違う」といった違和感を感じるのがわかってたので
あえて避けてきたのでもありました。
(もっともそういった系統のものしか読んでなかったという面もあるかもしれないのですが)


さて、前置きがすっかり長くなってしまいましたが、そうした事情を踏まえつつ、
今回あえて数年ぶりに手を出してしまった(笑)のですが、やはり予想した通り、正直自分には
苦手な路線のものもあり、そのあたりは未だ読んでません(¨;)

とりあえず自分がおすすめ、というかまだ受け入れられたかなあ、というのはこのアンソロの
表紙のキャラが登場してる「キスがご褒美」とその次の「ハッピーエンド」でしょうか。

ただ、「キスがご褒美」の方に関しては、攻キャラが時折場面場面でやたら体格がよくなったり、
一方で急にほっそりと見えたりしてるのがちょっと気になりました。
(これは体を見せる角度の描き方の問題なのかどうかはわからないのですが・・・)

一方「ハッピーエンド」については以前このブログでも取り上げたことのある桜遼さんの
作品だったのですが自分はこれを読めただけでも買った甲斐があったかな、と。
ちなみに自分はしょっちゅうカミソリ負けします(笑)←そんなことは誰も聞いてない
それと同じ制服姿でどうしてこうも見え方が違うのだろう・・・。

きっと個人的には「年下攻」のキャラはひょろいよりかはそれなりにガタイがいい方が
いいかな、とか改めて思ったりとか思わなかったりということをふと考えてしまいました。

これは恐らく某コミックに登場する某少尉の影響も大きいかと思われますが(笑)
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2017 通りすがりの腐男子. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。