通りすがりの腐男子 初戦
彷徨う異邦人
通りすがりの腐男子
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初戦
2009-10-03-Sat  CATEGORY: 未分類
内容はスケートですよ
一ヶ月半ぶりの記事も相変わらずの内容ですいません(Q_Q)↓
昼間はフィギュアスケートの試合を観に行ってきました。
過去3年間はフィギュアのシーズンが終わった後のGW頃だったのが
今年はその時期に別の大会が開催された関係でこの時期での開催となりました。
これを書いてる時点では既に結果も明らかになっているので
もはやネタバレにもなってないでしょうが一応直に目で見た上での感想をば。

浅◆選手
冒頭のジャンプの失敗をそのまま引きずってしまったような感がありました。
そもそも試合前に6分間練習というのがあるのですが、その時点から何となく
表情がすぐれないように見受けました。

一口に緊張した面持ち、とはいってもいい意味で自分に集中できてる上でのものであったり、
あるいは何か不安要素を抱えどうしたらいいのか迷っている状態でのものであったりなど、
いろいろケースはあるかと思いますが今回の場合は何となく後者のような気がしました。
確かに練習中に何回か彼女の代名詞である3回転半も披露し、その滑りをみていた
観客の側とすれば彼女なら本番でもうまくやってくれるのではないか、という暗黙の期待の
ようなものが渦巻いてたのも事実かもしれません。

ですが、結果的に肝心の3回転半ジャンプが2度とも失敗してしまったことが全体的に
精細を欠いた演技に見受けられてしまい思うような得点へと結びつかなかった、
という一面があったのかもしれません。

観客とは結構残酷なもので例えば自分が懇意にしている選手の結果がよければそれこそ
手放しで喜ぶのに、よくなければ突然手のひらを返したようにひどい評価を下す時もあります。

実際自分の座ってた席のそこかしこから
「あの曲は彼女のイメージにあってない」
「ジャンプが飛べなきゃ意味がない」
「何か構成が去年と変わってない」
などなどまあ厳しいコメントがそこかしこから。

そういう評価もある意味正しい、というには語弊があるのですが、そう考えて
しまいたくなるのは結果だけを見てしまえばそう思うに至るのも
致し方ないのかな、と思います。

自分がアイスショーなどを含めてこういった形で足を運ぶようになってかれこれ
3年くらいたつのですが、実は未だに足の動きをみてそのジャンプが何の種類で
あるのかがわかりません。

そんなシロウトが小生意気な発言をしてすみません。
ですが、彼女に厳しい指摘を下した方にとってみれば自分の思いなんていうのは
到底ぬるいものかもしれないでしょうが個人的にはいきなりそうした厳しい評価を
下すのはいくらなんでも早すぎるのでは、と思いますし、あえて口にしなくたって
いいのに、なんて思ってしまったのでした。

フィギュアに限らず体と心の状態がうまくマッチし合わなければほんのささいな心の乱れも
よい結果へと結びつかせてくれない厳しい世界です。
ジャンプひとつにしても例え数センチ単位の踏みきる時の体勢がずれてしまったら
それでもう上手くいかなくなってしまったりするそうですし。

だから自分たちみてる側ができることといえばせめて当人の不安が少しでも
やわらぐことができるように気持ちを前向きにもっていってくれることを祈ることくらいしか
できないのでは、と思います。
まあ、そのひとつが応援であるのでしょうがその応援の気持ちが加熱しすぎて
ちょっと先走った方向に考えが至ってしまうのかもしれないですけど(..;)

でも例え観てる側にとって思い描いていた展開での結果ではなかったとしても、
外野がそこまで酷なことを言わなくなっていいじゃないか、なんて。

まあ、この大会、これまで日本チームは3連覇してまして、今年は4連覇がかかってたことも
ありますし、去年と同じ最終滑走者だったことでここまでチームが劣勢だった分、彼女には
何としても逆転優勝をするためのクリーンな滑りを期待してたのでしょう。
もちろん自分もそうなってくれれば、とは思ってしまったところはあったので
本番で実力を発揮しきれなかったところは残念に思いました。

でも思い通りの結果にならなかったことに一番心を痛めてるのは他ならぬ滑った
当人だと思いますから……。
自分たちには到底実感することもできないような口にできないつらい思いだってあるだろうに、
彼女は傍目にはそういた部分を他人には見せようとしない面があるように思うので
余計に外野は黙ってた方がいいような気がしてしまうのです。
だってまだ彼女は19歳なんですから。

曲があってるあってない、の判断は当人が決めることでしょ。
構成が変わっていない、というのはそれはコーチと当人が決めたその時点でのベストな
選択肢のひとつなのでは?
とか耳にして思ってしまった・・・。

やっぱ甘いかな、こういう考えって・・・。
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2017 通りすがりの腐男子. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。